IoTシステム開発

 

工場の生産性向上・品質向上を支えるIoTソリューションを開発

 

東大阪市は、6000を超える、モノづくり企業存在し
「モノづくりのまち・中小企業のまち」として、
全国的に知られています。
少子高齢化が進む中で技術や技能等の貴重な
経営資源を喪失させてしまうなど
事業承継は大きな課題となっています。

アクテックでは、IoT、センシングと業務システムを連携して業務の効率化、生産性の向上に取り組んでおります。
ものづくり事業に関する経験豊富なSEが、コンサルティングからシステム構築まで一式支援します。
工場の生産性向上や品質向上を実現する最適なシステムをご提供できます。

アクテックのIoTシステム開発

  1. 設備稼働状況の可視化・リアルタイム稼働モニタ
    ・ 管理者が、モニタで稼働状況をリアルタイムで把握
    ・ 指導者が、作業指導、業務改善を実施
        リアルタイム稼働モニター
        フォーマの稼働状況をリアルタイムで表示
        管理者のPCや大画面に表示します。
  2. 停止要因登録
    ・ 現場作業者が現場端末・タブレットで作業報告を登録
    ・ 停止要因のデータ化
        機械停止の際はタブレットから停止理由を簡単に登録することができます。
  3. 設備稼働情報の収集・分析・検証
    ・ 稼働情報の収集  → 日報、月報の自動作成
    ・ 稼働情報の分析  → 停止要因の把握、対策
    ・ 稼働情報の利活用 → 生産計画の最適化など
        停止要因の分析データを抽出、可視化することができます。原因の調査、傾向、時期等を把握することができます。
        生産計画管理システムへデータを連携し最適な計画立案を自動化することができます。